« May 2011 | Main | February 2012 »

September 27, 2011

やはり相対論は破れないと思う

今回のニュートリノの速度が真空中の光速を越えたとしても、まだ相対論は破れたわけではないという気がしてきた。
例えば、光速度が環境に依存して変化するとしたら?物質が存在する空間において、光の本来の速さが真空中よりも早くなるとしたら?・・・つじつまが合うのである。
物質中の光は、実際にはすぐに散乱してしまうので計れない。岩や鉄の中に測定器を融合させて計るわけにも行かない。要するに、空中の光の速度以外、誰もちゃんと計ったことがないのである。水の中だって、光は散乱されるせいで見かけ上、真空よりも遅く見える。しかし、素粒子のレベルではどうなのだろう?
今回、ニュートリノという貫通性のよい素粒子を使って測定したがために、図らずも、物質中の光速度に近いものを計ったのではないか?
もし、物質中の光速度が真空よりも早いなら、今回の実験は何の矛盾もなく相対論を肯定する。
どれだけ早くなるかは、アインシュタイン方程式を解けば、計算できるはずである。
ちなみに、光の速度が一定とした場合、別の解釈ができる。物質中の長さは縮むである。
果たして、これが正しいかどうかは、誰かが示してくれるだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 24, 2011

超光速?

CERNとイタリアの実験施設の間で計測したニュートリノの速度が光速を超えているそうだ。
本当かなあ?
実験した人たちも相当なやんだだろうが。
しかし、かつて小柴先生が観測した超新星爆発のニュートリノは光の到達とほぼ同じだったので、何らかの理由で誤差が生じたのではないか?実験装置が10mくらい近かったとか。時計あわせをミスしたとか。

しかし、光を本当に超えていたとすれば、それはそれで夢のある未来がある。
星の間を生きている間に行き来できるようになるからだ。スタートレックとかヤマトの世界だ。
正直なところ、超光速には憧れがある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 18, 2011

Tiger&Bunnyが終わった

久々に面白いアニメだった。
アニメを支える次の世代が確実に前の世代を超えつつあるという感じがして頼もしい。
オジサン的にはブルーローズがいい。いい味を出している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2011 | Main | February 2012 »